制度上、深夜や休日の割り増し手当は別に支払われることになっている。しかし、SEたちは残業時間を実態通りに申告しない。他社との価格競争の中、人件費を含むプロジェクト予算はぎりぎりまで抑えられ、手当が膨らめば自分たちの人事評価に影響し、解雇されることもあるからだ。

 男性は「仕事量の裁量がない以上、会社が残業代を支払わずに長時間働かせられる」と指摘する。



※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015050602000141.html


▼ こ の 記 事 の 続 き は こ ち ら か ら